春日部市議会議員 栄ひろみの公式サイトです。ブログもこちらからご覧いただけます。第10代副議長、会派・新風会副幹事長を務めております。2期目の実績と経験
栄ひろみ後援会事務所

春日部市議会12月定例会 報告

【12月定例会 ご報告】

令和3年度 春日部市議会12月定例会が閉会いたしました。

今回の定例会は、市長が改選されて初の議会でした。

市執行部から上程された議案の審議の他にも、議会で様々な動きがありましたので、主なものをご報告します。

●子育て世帯への10万円現金一括による給付金 補正予算が速やかに可決

子育て世帯への10万円現金一括による給付金について、市議会から緊急要望を行い、補正予算案を速やかに可決しました。

●議員定数の削減 32名→30名へ削減する条例が可決

議員定数を2名削減して、30名とする「春日部市議会の議員の定数を定める条例の一部改正」が賛成多数で可決しました。

(また別の記事で詳細をお知らせします。)

●新しく3つの特別委員会を設置しました

春日部市議会に新しく、「新型コロナウイルス感染症対策特別委員会」「中心市街地まちづくり検討特別委員会」「地域拠点整備検討特別委員会」を設置しました。

それぞれ課題の調査・研究を行い、市へ提言を行うなど市議会側からも積極的に動いてまいります。

●市長公約について 一般質問を行いました。

多岐にわたる市長の選挙公約について、具体的な内容や市長の考え方について質問いたしました。

その中で、各分野の政策は、前市長からの継承なのか、新市長が新しい政策を取り入れるのか、など新年度予算案も3月には上程されるため、今後の方向性や考え方を確認しました。

(詳しくは、春日部市議会ホームページで録画映像が見れますので、ぜひご覧ください)

●市長の所信表明に対する代表質問

市長の就任後、初の議会のため、所信表明がありました。

今回の議会では、初の取り組みとして「代表質問」を実施しました。

新型コロナウイルス感染症対策、まちづくりの考え方、市民の声を聴くなどの市長の姿勢、市役所の体制や組織作りの考え方など、市の方針を確認してまいりました。

 

お読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です